河辺 精長(かわべ きよなが、1602年1月28日慶長6年12月6日)- 1688年9月23日元禄元年8月29日))は、江戸時代前期の神職国学者である。本姓は大中臣。幼名は清長。通称は喜左衛門。法名は慶順。

経歴・人物編集

河辺仁清の子として、伊勢山田(現在の三重県伊勢市)に生まれる。若くして出家し大中臣氏と名乗ったが、伊勢神道の興隆に興味を持ったため、還俗出口延佳から神道を学ぶ。

これによって伊勢神宮の神職となり、1653年承応2年)に大宮司となり従五位下に叙せられた。伊勢神宮の外宮、内宮の摂社を修築したりする等一躍名を馳せた。死去から丁度250年後の1928年昭和3年)には昭和天皇により従四位下に叙せられる等、死後も多くの人々から尊敬される神職であった。著書に『寛文摂社再興記』がある。

出典編集