河野 元虎(こうの もととら、1761年宝暦11年) - 寛政7年8月26日1795年10月8日))は、江戸時代囲碁棋士大阪生まれ、本因坊察元門下、五段。幼名は虎之助。10世本因坊烈元の跡目候補として御城碁にも出仕したが、夭逝する。

荒物商の家に生れ、幼時から碁を打ち、8歳の時に京都の神沢杜口に四子で打って互角であったとして、小島道芝五段によって江戸へ上り、本因坊家に入る(「翁草」)。天明3年(1783年)に五段で元虎を名乗って外家ながら御城碁初出仕。これは察元の推挙によるものと思われ、3歳年少で既に安井家当主となっていた安井仙角仙知に白番3目負。御城碁は寛政6年(1794年)まで13局を勤めた。仙知とは 御城碁で2勝4敗、天明2年から仙知先相先、天明5年から互先、寛政2年から元虎先相先となり、14局がある。烈元は元虎を跡目とする意志があったというが、寛政7年(1795年)に大阪で没する。烈元は3年後に宮重楽山を跡目とした。

著作として「碁則変」があったとされるが、刊行直前に没したため、現存していない。囲碁の起源から沿革、あらゆる変化を記した著であったとされ、また碁勢論として、本因坊道策碁聖と列し、仙角仙知を「最も古今の変化に長ず(最長古今變化)」と述べていた。

御城碁戦績編集

  • 1783年(天明3年) 向先相先白番3目負 安井仙角仙知
  • 1784年(天明4年) 先番ジゴ 林門悦
  • 1785年(天明5年) 先番ジゴ 林祐元門入
  • 同年 先番中押負 安井仙角仙知
  • 1786年(天明6年) 先番中押勝 安井仙角仙知
  • 1787年(天明7年) 先番14目勝 井上因達因碩
  • 1788年(天明8年) 白番1目負 林門悦
  • 1789年(寛政元年) 先番ジゴ 本因坊烈元
  • 1790年(寛政2年) 先番5目勝 安井仙角仙知
  • 1791年(寛政3年) 白番1目負 林門悦
  • 1792年(寛政4年) 先番中押負 安井仙角仙知
  • 1793年(寛政5年) 白番15目負 安井仙角仙知
  • 1794年(寛政6年) 白番3目負 井上因達因碩

参考文献編集

外部リンク編集