河野 季通(こうの すえみち)は、戦国時代武将

 
河野季通
時代 戦国時代
生誕 不詳
死没 永正9年(1512年
別名 弥次郎、右衛門
主君 安東政季忠季
氏族 越智流河野氏
父母 父:河野政通
女(伝妙院、蠣崎季広正室)
テンプレートを表示

生涯編集

河野氏の一族とされる河野政通嫡男として生まれる。父同様、安東氏政季忠季)に臣従して「季」の1字を賜い季通と名乗る。

父とともに蝦夷地開拓を行っていたが、それに反発したアイヌの軍勢によって永正9年(1512年)に宇須岸河野館を攻撃され、父の政通と3歳になる娘を逃した後に自害した。

娘は後に蠣崎季広の正室となり、松前慶広等を産んだ。季通死後、河野氏の名跡は断絶していたが、慶広の六男が継ぎ、河野時広と名乗ったが、後に名字を松前に戻して、松前景広と名乗った。以後は河野系松前氏として松前藩の藩政に貢献した。

参考資料編集

  • 『松前景広『新羅之記録』の史料的研究』 新藤透著 思文閣出版

関連項目編集