近世における蝦夷地(えぞち)とは、松前藩城下町松前を中心とする和人地を除く北海道本島、およびサハリン島(樺太島)や千島列島を含む周辺の島々を合わせた地域の総称である。大部分はアイヌの居住地であったが、他所から移り住む和人も存在した。またサハリン島では樺太アイヌ以外にウィルタニヴフも居住していた。1869年に北海道の名称が定められると用いられなくなった。

歴史編集

近世編集

 
行基図が描かれた天保年間の大皿。右端に蝦夷の文字が見える。
 
1840年に日本で描かれた世界地図。蝦夷はサンタンや「マンチウ」などと同じ色で塗られている。
 
中島翠堂によって1853年に描かれた世界地図。蝦夷地も描かれ、いくつかの地名が載っている。

江戸時代まで日本では北の境の認識が希薄だったといわれている[1]

15世紀から16世紀にかけて渡島半島南部の領主に成長していった蠣崎氏豊臣秀吉関白太閤)・徳川家康征夷大将軍)から蝦夷地の支配権、交易権を公認された。江戸時代になると蠣崎氏は松前氏と改名して大名に列し、松前藩となる。北海道太平洋側と千島を東蝦夷と呼び、北海道日本海側と樺太を西蝦夷地と呼んだ。ところが寛政から文化期に入ると幕府南下政策を強力に推し進めるロシアを警戒し、1799年(寛政11年)に東蝦夷地を、1807年(文化4年)に西蝦夷地を天領として、1809年カラフト島の呼称を北蝦夷地と正式に定めた上で東北諸藩に警備を目的とした出兵を命じた。緊張が緩和したと思われた1821年文政4年)には蝦夷地の大半を松前藩へと返却したが、諸外国との緊張が再び高まった1855年安政2年)には渡島半島の一部を除いて再び天領とした。幕府は財政負担軽減のために仙台盛岡弘前久保田松前の東北の大藩に対して沿岸の警備義務を割り当てて、会津庄内の2藩もそれに続いた。

当時の古地図編集

1712年正徳2年)発行の「和漢三才図会」には「蝦夷島」の項があり、古地図の挿絵がついている[2]

1854年嘉永7年)千島列島、全樺太島やカムチャツカ半島までも明記した「改正蝦夷全図」なる(加陽・豊島 毅作)

名称編集

ロシアの進出に伴い江戸時代末期になると「異民族の住む地」を意味する「蝦夷地」のままではいけないという意見がみれたものの江戸時代には改称は実現しなかった[1]

明治時代編集

1869年6月27日明治2年5月18日)の箱館戦争終結をもって戊辰戦争が終わると、同年9月20日(明治2年8月15日)に新政府は太政官布告によって蝦夷地に北海道の名前を与え[3]、北蝦夷地は樺太と改名した。この時最後まで蝦夷地であった地域には北海道11国86郡のうち下記の令制国が置かれた(和人地であった地域に置かれた渡島国後志国はここに記載しない)。

かつての東蝦夷地…太平洋側から千島列島にかけての地域
かつての西蝦夷地…日本海からオホーツク海にかけての地域
かつての北蝦夷地…宗谷海峡よりも北の地域

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 北海道の名前について”. 北海道立文書館. 2020年1月20日閲覧。
  2. ^ 寺島良安『倭漢三才圖會』(復刻版)吉川弘文館、1906年(明治39年),753頁
  3. ^ 太政官布告第七三四「蝦夷地ヲ北海道ト稱シ十一國ニ分割國名郡名ヲ定ム

関連項目編集