河野通重 (但馬守)

河野 通重(こうの みちしげ)は、戦国時代から安土桃山時代武将武田家家臣より徳川家家臣になる。八王子千人同心9人の千人頭の一家。

 
河野 通重
時代 戦国時代 - 安土桃山時代
生誕 永正7年(1510年
死没 文禄4年10月18日1595年11月19日
改名 通康(初名)
別名 傳之丞、但馬守、道仁(号)
主君 武田信玄勝頼徳川家康
氏族 伊予越智氏
秋山藤左衛門の娘
河野通郷
テンプレートを表示

略歴編集

代々伊予国に住んでいたが、通重の時に甲斐国に移った。最初は武田氏に横目衆として仕え、天正10年(1582年)武田氏没落後は早期に徳川家康に仕え、甲州九口之道筋奉行に命じられる。天正12年(1584年小牧・長久手の戦いに従軍。天正15年(1587年)に致仕。文禄4年(1595年)、86歳で死去[1]

子孫は八王子千人頭の10家の内の一家として幕末まで旗本として徳川幕府に仕えた。

脚注編集

  1. ^ 『寛政重修諸家譜』巻第千三百七十五

参考文献編集

  • 寛政重修諸家譜』巻第千三百七十五
  • 開沼正、「武蔵国多摩郡における在郷武士について : 八王子千人同心の研究」、佛教大学、2007年
  • 興岳寺
  • 安達 満、「甲斐における治水体制の一考察 : 武田時代から近 世前期への推移」、法政史学巻29頁49-58、法政大学史学会、1977年

関連項目編集