法清寺 (大阪市)

大阪市北区にある寺院

法清寺(ほうせいじ)は、大阪府大阪市北区曾根崎に位置する日蓮宗寺院である。山号は光智山。旧本山は京都本満寺、莚師法縁(隆源会)。通称はかしく寺

法清寺
Hoseiji (Kita, Osaka)2.jpg
所在地 大阪府大阪市北区曾根崎1丁目2-19
位置 北緯34度41分55.2秒
東経135度30分9.9秒
座標: 北緯34度41分55.2秒 東経135度30分9.9秒
山号 光智山
宗派 日蓮宗
創建年 不明
正式名 光智山 法清寺
法人番号 9120005001634 ウィキデータを編集
法清寺 (大阪市)の位置(大阪市内)
法清寺 (大阪市)
テンプレートを表示
かしくの墓

歴史編集

創建は不明。1911年明治44年)に再建された伽藍は戦災をまぬがれ現存している[1]

境内には江戸時代中期に存在した遊女・かしくの墓所として広く知られている。かしくは酒乱として知られ、1749年寛延2年)に酔った勢いで兄に逆上し殺害してしまう。かしくは死罪を申し渡され、大阪市中を引き回されたが、その途中に「油あげ」を所望し、それで乱れ髪をなでつけ斬首されたという[2]

かしくの死後、かしくの墓石をかき取り、せんじて飲めば酒乱が治ると評判になった。

交通編集

脚注編集

  1. ^ かしく寺(法清寺)(ほうせい)”. 大阪市 (2009年3月16日). 2017-917閲覧。
  2. ^ なにわ人物伝 -光彩を放つ-”. 大阪日日新聞 (2008年11月15日). 2017年9月17日閲覧。

外部リンク編集