メインメニューを開く

法界院(ほうかいいん)は岡山県岡山市北区に所在する真言宗の単立寺。山号は金剛山。詳しくは金剛山 遍照寺 法界院と号する。本尊は聖観世音菩薩中国三十三観音霊場第五番札所、百八観音霊場第七番札所。

法界院
Hokaiin 04.JPG
本堂
所在地 岡山県岡山市北区法界院6-1
位置 北緯34度41分38.2秒
東経133度56分2.9秒
座標: 北緯34度41分38.2秒 東経133度56分2.9秒
山号 金剛山
西谷山(旧称)
院号 法界
宗旨 真言宗
宗派 単立
本尊 聖観音(秘仏)
創建年 伝・天平元年(729年
開基 伝・報恩大師
中興年 天正9年(1581年
正式名 金剛山遍照寺法界院
別称 西谷山妙塔寺(旧称)
札所等 中国三十三観音5番
百八観音7番
文化財 聖観音菩薩像(国の重要文化財)
道讃禅定門石灯篭(市重要文化財)
法人番号 8260005000821
テンプレートを表示

目次

概要編集

伝承によれば、奈良時代前期の天平元年(729年)頃、報恩大師により備前四十八ヶ寺の一つとして開創されたと伝わる。開創当時は西谷山 妙塔寺と号し現在地より北方の笠井山の山麓に所在し、大伽藍を有していたと伝えられている。

戦国時代に伽藍を焼失した。その後、天正9年(1581年)現在地に移った。江戸時代初期に伝審(でんしん)和尚が中興し伽藍を整備した。また、岡山藩池田家の崇敬を受けた。本堂は江戸時代末期の安政2年(1855年)に建立された。山門は嘉永年間(1848年 - 1854年)の建築である。江戸期の当寺院は「火事が年忌を問う」と言われ約100年ごとに火災に遭った。江戸期最後の大火は文久年間(1861年 - 1864年)に起こり山門と中門を残して全て焼失し、その後、間もなく再建された。

JR津山線法界院駅は当院が駅名の由来である。

文化財編集

重要文化財(国指定)
  • 木造聖観世音菩薩立像:檜の一木造りで、聖徳太子作との伝承があるが、実際は平安時代中期の作品と考えられている。像高は103.7。脇仏として多聞天持国天像があり共に聖観音と同時代の作と言われている。秘仏とされ33年に1度開帳が行われている。明治34年(1901年)8月2日指定。
岡山市指定重要文化財

画像編集

前後の札所編集

脚注編集

  1. ^ 道讃禅定門石灯篭(岡山市サイト)

参考文献編集

  • 岡山県高等学校教育研究会社会科部会歴史分科会/編 『新版 岡山県の歴史散歩』 山川出版社 1991年 24-25ページ