法義

法義(ほうぎ、生没年不明)は、奈良時代の僧。

経歴編集

天平10年11月3日に、童子3人と大宰府から平城京へ向かった。天平勝宝元年には久米多寺に住み、後に行基の弟子になり、宝亀3年3月に十禅師に選ばれたという。

参考文献編集

  • 『古代人名辭典』

関連項目編集