法雲寺 (兵庫県上郡町)

兵庫県上郡町にある寺院

法雲寺(ほううんじ)は、兵庫県赤穂郡上郡町にある臨済宗相国寺派の寺院。山号は金華山。本尊は釈迦如来

法雲寺
所在地 兵庫県赤穂郡上郡町苔縄637
位置 北緯34度53分55.5秒 東経134度21分6.75秒 / 北緯34.898750度 東経134.3518750度 / 34.898750; 134.3518750
山号 金華山(きんかざん)
宗派 臨済宗相国寺派
本尊 釈迦如来
創建年 建武4年(1337年)
開山 雪村友梅(宝覚禅師)
開基 赤松則村(円心)
法人番号 8140005007787 ウィキデータを編集
テンプレートを表示

歴史編集

この寺は、南北朝時代建武年間(1334年 - 1338年)に、赤松則村(円心)を開基とし雪村友梅を開山に招請して創建されたと伝えられる。以後、赤松氏菩提寺であった。康暦2年(1380年)に汝霖良佐を住持として迎える。また、1454年には室町幕府に反乱を起こして山名宗全に敗死した赤松則尚の首実検が法雲寺で執り行われた。

また『扶桑五山記二 日本諸寺次位』の応永17年(1410年 )2月28日の「十刹位次」の項に、全国の諸寺院とともに「法雲寺 播州 金華山 開山雪村和上宝覚禅師」の記載があり、 五山に次ぐ十刹に列せられていた。(ただし、この時期の十刹の実数は十ヶ寺ではなく、それ以上である。)

文化財編集

県天然記念物編集

  • ビャクシン - 推定樹齢700年・樹高33.5m・最長幹周9.83m。日本最大級であり、兵庫県指定の天然記念物である。

伽藍編集

アクセス編集

外部リンク編集