メインメニューを開く

波号第二百三十五潜水艦

波号第二百三十五潜水艦[注釈 1](はごうだいにひゃくさんじゅうごせんすいかん)は、日本海軍の未成潜水艦波二百一型潜水艦の1隻。戦後解体された。

波号第二百三十五潜水艦
(仮称艦名第四九四五号艦)
基本情報
建造所 川崎重工業泉州工場
運用者  大日本帝国海軍
艦種 潜水艦
級名 波二百一型潜水艦
艦歴
計画 マル戦計画
起工 1945年6月1日
最期 1945年8月17日工程10%で工事中止
その後 戦後解体
要目(計画時)
基準排水量 325トン
水中排水量 440トン
全長 53.00m
水線長 44.70m
垂線間長 50.00m
3.70m
吃水 平均3.44m
機関 海軍型中速四〇〇馬力内火機械1基
蓄電池 一号三十三型甲120個
主電動機 特E型改一直流電動機 1,250馬力 1基
巡航用電動機 直流電動機 32馬力 1基
推進 1軸
出力 水上 400bhp
水中 1,250shp
速力 水上 10.5ノット
水中 13.0ノット
燃料 重油25.2トン
航続距離 水上 3,000カイリ/10ノット
水中 50カイリ/2ノット
潜航深度 100m
乗員 定員25名
特修兵教員最大21名
兵装 7.7mm機銃 単装1基
九五式潜水艦発射管五型2門(艦首)
九五式二型魚雷4本
レーダー 13号電探1基
ソナー 水中聴音装置1組
テンプレートを表示

艦歴編集

マル戦計画の潜水艦小、第4911号艦型の35番艦、仮称艦名第4945号艦として計画。1945年6月1日、川崎重工業泉州工場で仮称艦名第4943号艦と同時に起工。

終戦時未成。8月17日、工事中止が発令され工程10%で工事中止。のち、川崎重工業泉州工場で解体された。

脚注編集

注釈
  1. ^ "波号第二百三十五潜水艦"の名は、仮称艦名第4945号艦の予定艦名。本艦が命名された事実は無く、仮定本籍の設定や艦艇類別等級別表への登載も行われていない。このことから記事名は、本来ならば仮称艦名第四九四五号艦第四九四五号艦、あるいは第4945号艦とすべきところだが、参考文献として用いた世界の艦船『日本潜水艦史』で「波号第235」と、福井静夫の各著作で「ハ235」「波号第235」とそれぞれ記述していること、そしてWikipedia:記事名の付け方に鑑み、記事名を標記のとおりとする。
脚注

参考文献編集

  • 海軍省 昭和20年3月15日付 内令員第519号。
  • 世界の艦船 No. 469 増刊第37集 『日本潜水艦史』、海人社、1993年。
  • 世界の艦船 No. 791 増刊第114集 『日本潜水艦史』、海人社、2013年。
  • 日本造船工業会 『S-61 波號第二〇一潜水艦型 一般計画要領書』。
  • 福井静夫 『写真 日本海軍全艦艇史』、ベストセラーズ、1994年。ISBN 4-584-17054-1
  • 福井静夫 『昭和軍艦概史III 終戦と帝国艦艇 -わが海軍の終焉と艦艇の帰趨-』、出版共同社、1961年。
  • 防衛研修所戦史室 戦史叢書 第88巻 『海軍軍戦備(2) -開戦以後-』、朝雲新聞社、1975年。
  • 丸スペシャル No. 43 日本海軍艦艇シリーズ『日本の潜水艦III』、潮書房、1980年。
  • 丸スペシャル No. 132 日本海軍艦艇発達史『日本の潜水艦I』、潮書房、1988年。
  • 明治百年史叢書 第207巻 『昭和造船史 第1巻(戦前・戦時編)』、原書房、1977年。