メインメニューを開く

洲本アルチザンスクエア(すもとアルチザンスクエア)は兵庫県洲本市新都心ゾーンの洲本市民広場にある都市型産業基盤施設、複合文化商業施設である。 基本となる建物は明治時代に建設された赤レンガ造の旧鐘紡洲本第二工場汽缶室で、経済産業省近代化産業遺産に認定されている。

洲本アルチザンスクウェア
洲本アルチザンスクウェア
情報
用途 複合文化商業施設
旧用途 紡績工場汽缶室
設計者 横河工務所
施工 竹中工務店
建築主 鐘紡
構造形式 煉瓦造、鉄骨造、SRC
延床面積 2,629 m²
階数 A棟:鉄筋コンクリート造地上4階建、B・C・D棟:鉄骨造地上2階建
竣工 1909年(明治42年)、2001年(平成13年)
所在地 656-0021
兵庫県洲本市塩屋1丁目1番17号
座標 北緯34度20分44.5秒
東経134度53分39.1秒
座標: 北緯34度20分44.5秒 東経134度53分39.1秒
テンプレートを表示
塵突。洲本図書館との境界を成す。
小空カフェ

概要編集

近代日本における有数の紡績工場であり洲本の近代化を象徴する旧鐘紡洲本工場の赤レンガ建築群の保存と再生のために、20世紀末から21世紀初頭にかけてリノベーションされた施設の一つである。 当建築を含む第二工場は横河工務所の設計、竹中工務店の施工で、1909年(明治42年)に竣工した。 外壁はイギリス積みの煉瓦造、屋根は越屋根で、巨大な塵突を外観上の特徴としている。 これを積極的に保存修景して再利用し、同時に新築する4棟の隣接建築物との外観上の連続性・統一性と機能の連携を図る設計がなされている。洲本市の産業振興および創造と文化芸術を紹介することを目的とする施設であり、アトリエ、ギャラリー、レストラン、カフェなどがテナントとして入る。隣には同じ第二工場の赤レンガ建築を活用した洲本市立洲本図書館が設けられている。

主なテナント編集

  • 洲本市民工房 - アトリエとギャラリーを備える。 文化講座や展覧会が開催される。
  • 小空荘(小空カフェ)
  • マウントブルー(衣料品店)
  • スマホ堂淡路・洲本店(iPhoneの修理・アクセサリー販売)http://sumahodou-awaji.com/

交通アクセス編集

周辺編集

関連項目編集

外部リンク編集