メインメニューを開く

旧鐘紡洲本工場原綿倉庫(きゅうかねぼうすもとこうじょうげんめんそうこ)は明治時代に建設された赤レンガ倉庫で、経済産業省近代化産業遺産に認定される「洲本市の綿産業関連遺産」の一つである。

旧鐘紡洲本工場原綿倉庫
旧鐘紡洲本工場原綿倉庫
情報
旧用途 紡績工場倉庫、美術館
建築主 鐘紡(現:クラシエホールディングス
構造形式 煉瓦造平屋建て
竣工 1909年(明治42年)
所在地 656-0021
兵庫県洲本市塩屋1丁目
座標 北緯34度20分43.9秒
東経134度53分43.2秒
テンプレートを表示

目次

概要編集

近代日本における有数の紡績工場であり洲本の近代化を象徴する旧鐘紡洲本工場の赤レンガ建築群の保存と再生のために、20世紀末から21世紀初頭にかけてリノベーションされた施設の一つである。当建築は同じ赤レンガ近代建築の洲本アルチザンスクエア洲本市立図書館に隣接する立地で、一時期美術館(ミュージアムパーク・アルファビア、1995年 - 2000年)として使用されていた。

交通アクセス編集

周辺編集

関連項目編集

外部リンク編集