洲賀 才蔵(すが さいぞう、生没年不詳)は、戦国時代武将織田信次の家臣。

1555年(弘治元年)6月26日、主君・信次が自領の庄内川の松川の渡しで川狩り中、騎乗のまま通り過ぎようとした武士を無礼であると、才蔵は威嚇の矢を放つが誤って射殺した。この武士は甥の織田秀孝であり、信長信勝の同腹の弟であったため、信次は信長を恐れ出奔した。