メインメニューを開く

浄音(じょうおん、建仁元年(1201年)- 文永8年5月22日1271年6月30日))は、鎌倉時代前期から中期にかけての浄土宗の僧。字は法興。浄土宗西谷流(西山浄土宗浄土宗西山禅林寺派)の祖。

浄土宗西山派の祖、西山上人証空浄土教西山義を学んだ。仁和寺西谷に新光明寺(現在の京都市右京区鳴滝地区)を開き、その後永観堂禅林寺の住持に就任した。墓所は浄土宗西山禅林寺派専念寺(京都市右京区鳴滝本町)。