メインメニューを開く

浅井長時

安土桃山時代の武将

浅井 長時(あざい ながとき)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将織田氏の家臣。尾張国苅安賀城

 
浅井長時
時代 戦国時代 - 安土桃山時代
生誕 永禄12年(1569年)?
死没 天正12年3月6日1584年4月16日
改名 田宮丸(幼名)→長時
別名 政尚、長安
戒名 直心院殿浄岸居士
主君 織田信忠信雄
氏族 尾張浅井氏
父母 父:浅井政貞、母:毛利秀頼
兄弟 長時政重市橋長勝正室
政候
テンプレートを表示

経歴編集

天正10年(1582年)の本能寺の変以前に父の遺領を継ぎ、尾張衆として織田信忠の軍団に組み込まれる。本能寺の変後は、尾張を領した織田信雄に仕える。岡田重孝津川義冬、そして長時の三人は「三家老」と呼ばれ、信雄家において大きな影響力を持っていた。しかし、謀反の疑い(豊臣秀吉の陰謀説あり)をかけられ、三家老はすべて信雄の居城に誘い出された上で殺害された(『勢州軍記』)。

「老臣」「家老」などという肩書きから年配者のイメージをされるが、『寛政重修諸家譜』では幼名の「田宮丸」で記され、没年は16歳となっている。

登場作品編集