海神(わたつみ、わだつみ、うながみ、かいじん)は、を司る。また、海に住んでいるという神。世界各地の神話においても比較的高位の神とされている場合が多い。

各地の海神編集

ギリシア神話

ローマ神話

日本神話

  • ワタツミ(綿津見神)
  • スサノオ(建速須佐之男命)
  • オオワタツミ(大綿津見神)
  • スミノエ(住吉神)
  • スミノエノオオミカミ(住吉大神)
  • ユラヒメ(由良比女命)
  • アマツミカボシ(天津甕星) - 『大甕倭文神宮縁起』

ケルト神話

北欧神話

ハワイ神話

その他編集

  • 土佐日記』(10世紀中頃成立)「ちぶりの神」の項では、船旅の際、海賊に追われていると聞き、番頭にを奉らせ、幣が散った方角に船を漕いだとあり、海神に手向けした幣に従って、航行する様が描かれている。
  • 伊勢物語』(11世紀成立)第八十七には、「海神がミル (海藻)を髪飾りとした」と記述がある(具体的に、どの柱かは記されていない)。
  • 日本語の訓読みである「綿津見(わだつみ)」の「ツ」は助詞であり、「ミ」は神霊の意味(『広辞苑』)で、『万葉集』巻第十六にも見られる。海を「ワタ(ダ)」と読むのは、朝鮮語の海(pata)と同源とされるが、一説に「ヲチ=遠」の転ともする(『広辞苑』)。