涇陽王(けいようおう、ベトナム語Kinh Dương Vương / 涇陽王)は、ベトナムの伝説的な帝王(在位:前2879年? - 前2793年?)。禄続ベトナム語Lộc Tục / 禄續)。

涇陽王
各種表記
漢字チュノム 涇陽王
北部発音: キン・ズオン・ヴオン
日本語読み: けいようおう
テンプレートを表示

伝承編集

炎帝中国語版神農の三世の孫の帝明ベトナム語版が南巡して五嶺に至り、仙の女と接して連れ帰り、禄続を生んだ[1]。帝明は聡明だった禄続に天子の位を嗣がせたいと考えた。しかし禄続は兄の帝宜ベトナム語版に譲って位を受けようとしなかった[2]。そこで帝明は帝宜に嗣がせて北方を治めさせ、禄続を王に封じて南方を治めさせ赤鬼国ベトナム語版と号した[1]。涇陽王は洞庭君の娘の神龍女を妻として、貉龍君を生んだ[2]

出典編集

  1. ^ a b 『嶺南怪』巻之一 鴻氏伝
  2. ^ a b 大越史記全書』外紀巻之一 鴻厖氏紀 涇陽王