メインメニューを開く

深沢 邦朗(ふかざわ くにろう、1923年5月23日 - 2009年1月8日)は、日本の童画家埼玉県生まれ。

目次

最も知られた少女画について編集

高級クッキーセット「チボリーナ」のパッケージとなっている丸い顔の少女のイラストが、最も知られた深沢の作品である。

「チボリーナ」の7種類のパッケージ画では常に少女の顔の左側が描かれているが、他の絵では正面を向いている事もある。

この少女のモチーフは深沢の作品に繰り返し表れている。その中の2作品は、1986年1987年共同募金のポスターの原画として描かれたものである。

特に、雑誌「一枚の繪」において発表された作品は、殆ど全てがこの少女の絵であった。

なお、深沢本人の弁によると、この少女にモデルは居ないとの事である。

童画家としての多様な活躍編集

なお、童画芸術協会のウェブサイトを見ると、深沢の作品は、この少女以外にも色々ある事が判る。

また、古くから絵本の挿絵画家として活躍しており、童画を中心として多様な絵を描いている。

趣味はボクシング編集

現在愛らしい少女の絵で知られている深沢であるが、意外にも趣味はボクシングであり、アトリエの隣の部屋にはサンドバッグがぶら下がっている。

経歴編集

外部リンク編集