メインメニューを開く

淳于 意(じゅんう い、紀元前215年-没年不詳)は、前漢初期の人。臨菑の人。斉の太倉長を務め、太倉公と呼ばれた。医者。

略歴編集

若い頃から医術を好んでいたが、呂后8年(紀元前180年)に同じ郡の陽慶という人物から黄帝扁鵲の脈書を伝えられ、人の生死を知り、薬についても詳しくなった。3年後には、人の病を治し、死から救い出すことが多かった。しかし斉王ら諸侯の間を巡り、時には病を治さなかったりしたので、恨む者も多かった。

文帝前13年(紀元前167年)、淳于意は罪があって長安の詔獄に下されることとなった。彼には娘が5人おり息子がおらず、逮捕され長安へ連行される際に「子を生んでも男がいないといざというときに役に立たん」と娘を罵った。娘の一人緹縈は父に随行して長安へ行き、「刑を執行されてしまっては取り返しがつかないので、自分が奴婢となって父の罪を購いたい」と上書した。文帝は感動し、肉刑(肉体を損なう刑)を廃止して他の刑に代えるよう詔を下し、肉刑の法は廃止された。

その後、役所勤めを辞めた淳于意を皇帝が召し出し、これまでの治療の事を話すよう命令した。淳于意は斉王をはじめとする多くの患者の治療について答えた。

参考文献編集