メインメニューを開く

二世 清元一壽郎(にせい きよもと いちじゅろう、本名:新野幸三、1927年(昭和2年)3月7日 - 1994年(平成6年)9月7日)は昭和から平成にかけて活動した清元節三味線方。歌舞伎公演の立三味線(首席奏者)を長年務めた。

にせい きよもと いちじゅろう
二世 清元 一寿郎
本名 新野幸三
別名義 清元國太郎(前芸名)
生年月日 (1927-03-07) 1927年3月7日
没年月日 (1994-09-07) 1994年9月7日(67歳没)
出生地 日本の旗 東京都千代田区
職業 江戸浄瑠璃清元節三味線
活動期間 1941年 -1994年
著名な家族 初世清元一壽郎(兄)
清元壽國太夫(兄)
四世清元菊輔(兄)
清元延志女壽(姉)
二世清元三之輔(甥)
六世清元菊輔(甥)
清元美緒太夫(従兄弟)            
公式サイト
主な作品
『武内宿禰』
『月の狐』
『小春治兵衛』
『リボンの夢』ほか
受賞
1990年 - 社団法人日本芸能実演家団体協議会より芸能功労者賞
テンプレートを表示

目次

経歴編集

六世清元延壽太夫の立三味線も勤めた。また現家元七世清元延壽太夫を指導するなど、同い年の清元榮三郎と並び清元節三味線方の代表格として活躍した。

師である清元榮壽郎譲りの歯切れのよい撥捌きと冴えた音色で、師の信頼も厚く、師の存命中の舞台にはその横に顔が見えないことが無いほどであった。実兄清元壽國太夫とのコンビでも活躍したが、晩年は体調を崩し、万全とは言えない体調で舞台を務める事も多く、稀有な才能を惜しまれつつ70歳を迎えずして亡くなった。

家族編集

製図機械業の草分けであった父、清元を生業とする兄弟のもとに生まれた。

兄は初代清元一壽郎、初代清元壽國太夫、四代目清元菊輔。姉は清元延志女壽。義父は初代清元榮之輔。

受章編集

  • 1990年(平成2年)、社団法人日本芸能実演家団体協議会より芸能功労者賞を受賞。

関連項目編集

外部リンク編集