メインメニューを開く

清元 榮三(きよもと えいぞう、1936年2月23日 - 2016年12月31日[1])は清元節三味線方。東京都江東区深川出身。本名、小柳泰一。父は清元若壽太夫、弟は清元美壽太夫重要無形文化財保持者(人間国宝)。生前は清元協会の理事・副会長などを歴任。

きよもと えいぞう
清元榮三
本名 小柳泰一 
別名義 宮薗千脩(宮薗節)
生年月日 (1936-02-23) 1936年2月23日
没年月日 (2016-12-31) 2016年12月31日(80歳没)
出生地 日本の旗 東京都江東区深川
死没地 日本の旗 東京都
職業 江戸浄瑠璃清元節
活動期間 1952年 - 2016年
活動内容 江戸浄瑠璃清元節三味線・大和楽・宮薗節 
配偶者 小柳享子
著名な家族 父・清元若壽太夫
母・清元延若福
弟・清元美壽太夫
公式サイト 清元協会ホームページ
受賞
1993年 - 文化庁芸術祭賞
2006年 - 旭日小綬章
備考
清元協会副会長。
2003年 - 重要無形文化財保持者(人間国宝)
テンプレートを表示

経歴編集

  • 1936年2月23日 - 東京都江東区深川に、当時鉄工所を経営していた小柳一郎(後の清元若壽太夫)と、清元の師匠業を営んでいた清元延若福の長男として生れる。
  • 1947年 - 後に師事する清元榮壽郎(当時は三世清元榮次郎)が出演していた『天衣紛上野初花』(浄瑠璃「忍逢春雪解」通称三千歳)を見物し、その三味線の音色に圧倒され榮寿郎の許へ入門を決意するも、義務教育が終わるまでの入門が許されず、中学校在学中に三味線演奏の素地を作るために二世清元國太郎(後の二世清元一壽郎)に入門する。
  • 1951年 - 憧れだった榮壽郎の許へ入門する。7年間、内弟子として修業。榮壽郎に教わったのは「北州千歳壽(北州)」の一曲だけだった。
  • 1952年2月23日 - 16歳の誕生日に六世清元延壽太夫より清元榮三の名を許される。
  • 1953年 - 歌舞伎座で、尾上菊五郎劇団上演の「木蓮物語」で初舞台。
  • 1963年 - 師匠榮壽郎が仕事先の京都で急逝。名古屋西川流二世家元西川鯉三郎が、名古屋を地盤にした榮壽郎の後継に榮三を指名し、「名古屋をどり」の地方は榮三が晩年まで、弟の美壽太夫と中心になり務めた。名古屋の芸者衆の「名妓連」の師匠にも榮壽郎の後継に榮三を指名した。榮壽郎が作曲した作品は西川流の初演が多い事も関係している。
  • 1966年 - 宮薗節を四世宮薗千之に師事。
  • 1972年10月 - 歌舞伎座に於ける、「貸浴衣汗雷(夕立)」で、初めてのタテ三味線を清元志壽太夫の浄瑠璃で勤める。
  • 1986年 - 古典7段と師匠榮壽郎の作品2段を集めたLPレコード3枚組の『花吟集』を美壽太夫とテイチクレコードから発売。
  • 1989年 - 清元協会理事に就任
  • 1993年 - 文化庁芸術祭賞を受賞。
  • 2001年 - 清元の古典曲と榮壽郎の遺作を上演する「清元榮三の会」を開催。以後毎年自身の誕生日に開催。(※但し2016年は4月9日に開催)
  • 2003年 - 清元清壽太夫と同時に重要無形文化財保持者(人間国宝)に認定される。
  • 同年 - 清元協会副会長に就任。
  • 同年6月 - 重要無形文化財保持者(人間国宝)認定を記念して、NHKの「芸能花舞台」に清壽太夫と出演。清壽太夫と榮三の一挺一枚で「色増栬夕映(雁金)」を演奏した。
  • 2006年 - 旭日小綬章を受章。
  • 2016年12月31日 - 膵臓癌のため、東京都内の病院で死去。享年80。親族だけの告別式を終えた後、年明けの2017年1月10日にマスコミに公表された。2年前より入退院を繰り返し、2016年4月の舞台が最後となった。

受章等編集

  • 1993年 - 文化庁芸術祭賞を受賞。
  • 2003年 - 清元清壽太夫と同時に重要無形文化財保持者(人間国宝)に認定。
  • 2006年 - 旭日小綬章を受章。

演奏活動編集

名古屋をどりで、大和楽、宮薗節を演奏する時は本名で行う。

関連項目編集

参考資料編集

  • 「週刊人間国宝・芸能音楽3」 朝日新聞社、2007年
  •  名古屋をどりプログラム

脚注編集

外部リンク編集