メインメニューを開く

渋川 義俊(しぶかわ よしとし)は、室町時代中期の武将守護大名九州探題

 
渋川義俊
時代 室町時代中期
生誕 応永7年(1400年
死没 永享6年11月14日1434年12月14日
官位 左近将監
幕府 室町幕府 九州探題肥前守護
氏族 渋川氏
父母 父:渋川満頼、母:斯波義将
兄弟 義俊俊詮氏重
義鏡
テンプレートを表示

略歴編集

応永7年(1400年)、渋川満頼の子として誕生。応永26年(1419年)に父・満頼が探題職を退いたため、代わって九州探題となる。同年に起きた李氏朝鮮対馬国に侵攻した応永の外寇に対処する。応永30年(1423年)に少弐満貞博多を攻められて敗れ、肥前国山浦城に逃れた。これを機に探題の力は衰退し始め、義俊は応永32年(1425年)に反撃したが、再び満貞の前に敗れたため正長元年(1428年)に探題職を従弟・渋川満直に譲り、自らは筑後国酒見城にて隠棲生活を送った。

永享6年(1434年)、死去。享年35。

子・義鏡は後に享徳の乱堀越公方足利政知を伴って関東に下向する。また、斯波氏を継承した斯波義廉は孫に当たる。

関連項目編集

先代:
渋川満頼
九州探題
1419年 - 1428年
次代:
渋川満直