メインメニューを開く

渡辺 大剛(わたなべ はるひさ、1981年(昭和56年)8月25日[1] - 2012年(平成24年)12月26日[2])は、日本の冒険家登山家である。22歳292日で達成した七大陸最高峰登頂は日本人2番目に若い記録であり、現在世界第10位の最年少記録である[3]

渡辺 大剛
(わたなべ はるひさ)
生誕 (1981-08-25) 1981年8月25日
静岡県周智郡森町三倉
死没 2012年12月26日(2012-12-26)
ロシア連邦カンダラクシャ市郊外
死因 交通事故
国籍 日本の旗 日本
職業 冒険家、登山家
著名な実績 七大陸最高峰登頂日本人最年少
公式サイト Official Web Site

キャリア編集

 
2013年9月にムルマンスク州カンダラクシャ市南部に建てられた、渡辺の慰霊碑。生前故人がよく登った富士山をモチーフにしたモニュメント(ステンレス製)と、石碑からなる。
 
石碑にはサンクトペテルブルク州郊外の国道M-18上で撮影した故人本人の写真と個人データの他に、故人が残した「あの山の向こうには何が見えるんだろう、あの山に登ったらどんな気持ちだろう。」という言葉が、日本語とロシア語で刻まれている。

静岡県周智郡森町出身[2]磐田東高等学校に入学[4]。高校2年の冬、自転車で単独日本縦断(静岡〜四国〜岡山)を実現した[5]九州産業大学芸術学部写真学科に入学後、山岳部に在籍し、本格的に登山を始めた[1]。2002年、シルクロードを旅し、ヘルディンに日本人として初めて登頂した[5]

世界各地を回る旅をしていた同年9月、アフリカ最高峰のキリマンジャロに登頂したのを機に、七大陸最高峰登頂を目指すようになり、2003年には、2月に南米アコンカグア、6月に新欧州エルブルース、旧欧州モンブラン、同7月にオセアニアコジウスコと立て続けに登頂した[1]。6月に挑戦したアジアエベレストは、山頂へのアタックを前に見舞われた脱水症状と強風のために断念した[1]。2004年には、1月に南極ビンソンマシフ、5月に二度目の挑戦でエベレストに登頂した[6]。2004年6月12日、北米マッキンリーへの登頂を成功させ、七大陸最高峰への登頂を、2002年に東京大学山田淳がたてた日本人最年少記録23歳9日を更新し、米国の学生で渡辺の友人でもあったブリットン・キーシャンBritton Keeshan)が2004年5月24日にたてた当時の世界記録22歳174日に次ぐ22歳292日で達成した[2][6]。達成後の記者会見では「登山はこれで幕を下ろし、次は大気圏外から青い地球を見たい」と今後の抱負を語った[7]

2012年(平成24年)12月26日に、ロシア連邦ムルマンスク州南部のカンダラクシャ市郊外の国道M-18(通称コラ道路)路上で自転車に乗っていたところを車に追突されて死亡した[8]

参考文献編集

  1. ^ a b c d “7最高峰登頂のセブン・サミッツに挑む 九産大の渡辺さん【西部】”. 朝日新聞. (2003年12月12日) 
  2. ^ a b c 渡辺大剛さん(森出身)か ロシアで邦人男性事故死”. アットエス(静岡新聞) (2012年12月27日). 2013年2月12日閲覧。
  3. ^ The 7summits statistics: the Kosciuszko list”. 7summits.com. 2013年2月13日閲覧。
  4. ^ プロフィール”. Haruhisa Watanabe Web. 2006年6月30日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2006年6月30日閲覧。
  5. ^ a b 渡辺大剛への講演依頼-冒険家”. システムブレーン. 2012年5月8日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2012年5月8日閲覧。
  6. ^ a b “日本最年少、7大陸最高峰に登頂 九産大・渡辺さん 【西部】”. 朝日新聞. (2004年6月18日) 
  7. ^ “「登山に幕、次は大気圏外」 7大陸最高峰登頂の渡辺さん【西部】”. 朝日新聞. (2004年9月11日) 
  8. ^ 事故死は冒険家の渡辺さん=「極夜」サイクリング中-ロシア”. 時事通信 (2012年12月27日). 2013年2月12日閲覧。

外部リンク編集