渡辺 春綱(わたなべ はるつな)は、江戸時代中期から後期にかけての大名和泉国伯太藩の第6代藩主。伯太藩渡辺家8代。

 
渡辺 春綱
時代 江戸時代中期 - 後期
生誕 安永7年9月17日1778年11月5日
死没 文化7年3月26日1810年4月29日
別名 通称:仲之進
官位 従五位下大学頭
幕府 江戸幕府
主君 徳川家斉
和泉伯太藩
氏族 三河渡辺氏
父母 父:渡辺豪綱
兄弟 春綱亮綱則綱
正室:青木一貫の娘[1]
女子
養子:則綱
テンプレートを表示

略歴編集

安永7年(1778年)、第5代藩主・渡辺豪綱の長男として誕生した。

天明8年(1788年)1月13日、嫡子となる。寛政5年(1793年)5月16日、父・豪綱の死去により、家督を相続した。同年9月15日、第11代将軍・徳川家斉拝謁する。同年12月16日、従五位下大学頭に叙任する。

文化7年(1810年)3月26日、死去。享年33。跡を弟の則綱が継いだ。

脚注編集

  1. ^ 青木一新の娘で一貫の養女との説もある。