渡辺競

?-1180, 平安時代末期の武将。白河院の北面の士。

渡辺 競(わたなべ きおう/きそう)は、平安時代末期の武将源頼政の家臣。

 
渡辺競
時代 平安時代末期
生誕 不明
死没 治承4年(1180年
別名 源三、滝口、左衛門尉
官位 左衛門尉
主君 源頼政
氏族 嵯峨源氏渡辺氏
父母 渡辺昇または渡辺省
鶴田馴
テンプレートを表示

略歴編集

右馬允渡辺昇あるいは渡辺播磨次郎省の子と伝わる。

父祖以来摂津源氏の郎党である渡辺党の一員として、源頼政の忠実な配下として行動し、保元元年(1156年)の保元の乱などにおいて頼政に従い出陣したことが見える。治承4年(1180年)の以仁王の挙兵にあたっては、当初偽って敵方の平宗盛に投降し、その愛馬『南鐐』を奪って頼政の元に参陣。その際、先立って頼政の嫡男・仲綱が愛馬のことで宗盛に辱めを受けていたことの報復として、馬のたてがみと尾の毛をそり、尻に「昔は何両、今は平宗盛入道」の焼印をして突き返し、宗盛を激怒せしめたという逸話が知られる(『平家物語』四・競)。必ず競を生け捕りにせよとの宗盛の指令にも関わらず、宇治平等院において奮戦の末に自害。または、島ヶ原に逃れ、その一族が『島ヶ原党』を名乗ったとされる。家紋は三星下一文字を同じくした。また、子・(なつく)の後裔も奥州相馬氏の家臣となった渡辺氏を初めとして、子孫を後世に伝えた。

その人物像については、『源平盛衰記』14・「三位入道入寺事」に、「弓矢取りては並敵もなく、心も剛に謀もいみじかりけるが、而も王城第一の美男なり」と描写されている。