渡辺 省(わたなべ の はぶく)は、平安時代末期の武士

 
渡辺省
時代 平安時代末期
生誕 不明
死没 治承4年(1180年
別名 播磨次郎(通称)
官位 播磨守
主君 源頼政
氏族 嵯峨源氏渡辺氏
父母 渡辺満?
?
テンプレートを表示

略歴編集

渡辺氏(渡辺党)は摂津源氏の郎党である武士団。渡辺氏の祖・渡辺綱摂津源氏の祖である源摂津守頼光に仕えて以来、摂津源氏の郎党として、あるいは内裏警護の滝口武者として、また瀬戸内海の水軍の棟梁として活躍した。

治承4年(1180年)、主君・源頼政以仁王と共に挙兵した際に、一族の者達とそれに従った。右馬允与の父、競滝口の父または祖父と伝わる。