渡部 与四郎(渡部 與四郎、わたなべ よしろう、1927年 - )は、日本の都市計画家。都市研究者。都市計画コンサルタント協会マスター都市計画プランナー。同済大学名誉顧問。一般社団法人 日本モノレール協会顧問。EAROPH Japan評議員。NPO法人汎房総地域づくり研究会名誉会長。工学博士。建設省技術参事官、筑波大学社会工学系教授、[1][2] 法政大学工学部教授、[3] (社)全日本土地区画整理士会会長、日本都市計画学会会長を歴任。多くの委員会研究会等にも関与。[4] 1975(昭和50)年度「業務交通体系論」で日本都市計画学会論文賞。勲三等瑞宝章叙勲(平成9年)。

経歴等編集

東京高等学校 (旧制)理科を経て、1950年東京帝国大学第二工学部土木工学科卒業。[5][6][7] 建設省入省後、都市局建設専門官、経済企画庁総合開発課、都市局区画整理課長、都市局審議官、技術参事官を経て筑波大学へ。[10]

著書編集

  • 活生のまちをつくる : 自由時間都市における人と地域(編著)ぎょうせい 1999
  • 地域社会の形成と交通政策(編著)東洋館出版社 1997(法政大学多摩地域社会研究センター・研究叢書 1)
  • ニュー・フロンティアのはなし 技報堂 1991
  • 国土の地下利用・空間利用研究委員会報告書(編著)国土政策機構 1987
  • 区画整理の計画と実施 全日本建設技術協会 1985
  • 国土の地下利用・空間利用研究委員会中間報告書 : 欧州の地下・空間利用視察、 調査を中心として(編著)国土政策機構 1985
  • 21世紀への育都論 : 都市は人間によって創られる(編著)技報堂出版 1980
  • 土地区画整理法の解説と運用(共著)日本経営出版会
  • 都市計画・地域計画 技報堂出版 1973
  • 都市計画・地域計画 (講義と演習) 技報堂出版; 改訂2版 1983
  • 社会工学概論―21世紀への問題提起〈下〉(共著)学陽書房 1987
  • 都市交通-技術と経済-(編著)法政大学産業情報センター 1989 (交通問題研究 第1集)
  • 業務交通体系論、技報堂出版 1975
  • 実学としての 都市計画(Practical City Planning) (監修, 監修), 実学としての都市計画編集委員会 (編集) ぎょうせい 2008

出典編集

  1. ^ [1]
  2. ^ [2]
  3. ^ [3]
  4. ^ [4][5][6] [7]
  5. ^ [8] 卒業論文は「八丈島開発計画」
  6. ^ 渡部與四郎、「第二工学部の思い出と所感」 『生産研究』 2012年 64巻 3号 p.377-379, doi:10.11188/seisankenkyu.64.377, 東京大学生産技術研究所
  7. ^ [9]
文化
先代:
石原舜介
日本都市計画学会会長
第18代:1985年 - 1986年
次代:
川上秀光