メインメニューを開く

渡部 卓郎(わたなべ たくろう、生年不明 - 昭和11年(1936年4月)は、日本医師医学博士。元博愛病院院長。

経歴編集

島根県能義郡山佐村(現在の安来市)に生まれ、鳥取県米子の渡部家に入婿、米子中学校(現在の米子東高校)、第六高等学校を経て京都帝国大学医学部に進んだ。大正14年(1925年)9月博愛病院の院長に迎えられ昭和11年(1936年)4月悪性盲腸炎で急逝するまでの10年余、米子市民の医療に大きな貢献を果した。  

参考文献編集

  • 『勝田ヶ丘の人物誌』 2000年 201頁