メインメニューを開く

渡部徹(わたなべ とおる、1918年3月5日1995年3月16日)は、日本の社会運動史学者、京都大学名誉教授。

生涯編集

大阪府出身。京都帝国大学卒業。大阪経済大学、京都大学人文科学研究所助教授、69年教授、82年定年退官、愛知女子短期大学教授。戦前の労働・社会運動史を研究。

著書編集

  • 日本の労働運動 三一書房 1949
  • 日本労働組合運動史 日本労働組合全国協議会を中心として 青木書店 1954 (京都大学人文科学研究所研究報告)
  • 現代労農運動史年表 三一書房 1961 (日本現代史年表)
  • 解放運動の理論と歴史 明治図書出版 1974 (双書・部落解放

共編著編集

  • 京都地方労働運動史 京都地方労働運動史編纂会 1959
  • 米騒動の研究 全5巻 井上清共編 有斐閣 1959-62
  • 講座現代反体制運動史 第1-3 信夫清三郎,小山弘健共編 青木書店 1960
  • 大正期の急進的自由主義 『東洋経済新報』を中心として 井上清共編 東洋経済新報社 1972 (京都大学人文科学研究所研究報告)
  • 日本社会主義運動史論 飛鳥井雅道共編 三一書房 1973
  • 部落問題・水平運動資料集成 全3巻補巻2 秋定嘉和共編 三一書房 1973-78
  • 一九三〇年代日本共産主義運動史論 三一書房 1981.2
  • 大阪水平社運動史 解放出版社 1993.7   

参考編集

  • 渡部徹教授略歴・著作目録 人文学報 1982-3