メインメニューを開く

渦浦村(うずうらむら)は愛媛県越智郡にあったである。1899年(明治32年)に亀山村から分離して成立。1954年(昭和29年)に大山村の一部、津倉村、亀山村、渦浦村の4箇村の合併で吉海町になり、自治体としては消滅した。後に吉海町は平成の市町村合併で今治市と越智郡11箇町村の合併で今治市となり、現在に至っている。

うずうらむら
渦浦村
廃止日 1954年3月31日
廃止理由 新設合併
津倉村亀山村渦浦村大山村の一部 → 吉海町
現在の自治体 今治市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 四国地方
中国・四国地方
都道府県 愛媛県
越智郡
総人口 1,906
(1950年)
隣接自治体 津倉村亀山村(廃止時)
渦浦村役場
所在地 愛媛県越智郡渦浦村大字椋名
 表示 ウィキプロジェクト

地理編集

現在の今治市の島嶼部にある大島の南西部及び来島海峡に位置する島嶼群からなる。来島海峡をはさんで今治市に対する。

村名の由来
大字椋名の渦浦八幡宮、ないしは来島海峡に渦巻く「八幡渦」にちなむ。
津島馬島(以上有人島)。以下、無人島 大突間島武志島小武志島毛無島中渡島
馬島は後に今治市に編入。

歴史編集

下記以外の歴史については大島および吉海町の記事を参照のこと。

藩政期には今治藩領だった。

村の沿革編集

  • 1889年明治22年) 12月15日 - 町村制施行により、臥間、南浦、名、正味、津島、椋名の6か村が合併して、越智郡亀山村発足。役場を大字名(みょう)におく。
  • 1899年(明治32年) - 大字津島及び大字椋名の一部が渦浦村として分立。役場を椋名におく。
小学校の統合問題や地理的要因などが原因とされる。
渦浦村の系譜
(町村制実施以前の村) (明治期)         (昭和の合併) (平成の合併)
            町村制施行時
本庄 ━━━━┓
八幡 ━━━━┫
幸新田━━━━╋━━━津倉村━━━━━━━━━━━┓
仁江 ━━━━┛                 ┃昭和29年3月31日
臥間 ━━━━┓                 ┃合併・町制施行
南浦 ━━━━┫                 ┣━吉海町━━┳━━━┓
名  ━━━━╋━━━亀山村━┳━━━━━━━━━┫      ┃   ┃
正味 ━━━━┫       ┃あ        ┃      う   ┃
椋名 ━━━━┫       ┗渦浦村━━━━━━┫          ┃
津島 ━━━━┛                 ┃          ┃
福田 ━━━━┓                 ┃          ┃
泊  ━━━━┫                 ┃          ┃
田浦 ━━━━┫                 ┃          ┃
早川 ━━━━╋━━━大山村━━━━━━━━━━━┫          ┃
余所国━━━━┛                い┃          ┃
宮浦 ━━━━┓                 ┃          ┃
       ┣━━━宮窪村━━━━━宮窪町━━━┻━━━━━━━━━━┫
友浦 ━━━━┛                            ┃
                                    ┃
                                    ┃平成17年1月16日
                                    ┃新設合併、新・今治市発足
                             今治市━━━━╋━━今治市
                             朝倉村━━━━┫
                             玉川町━━━━┫
                             波方町━━━━┫
                             大西町━━━━┫
                             菊間町━━━━┫
                             伯方町━━━━┫
                             上浦町━━━━┫
                             大三島町━━━┫
                             関前村━━━━┛
あ - 明治32年 分立
い - 昭和29年3月31日 大山村のうち早川・余所国の区域を宮窪町へ境界変更
う - 昭和30年8月1日 大字椋名のうち馬島が今治市へ編入

(注記)今治市以下の合併以前の系譜はそれぞれの市町村の記事を参照のこと。

地域編集

分立以前の2大字をそのまま継承、合併し吉海町になっても継承された。役場は大字椋名におかれた。吉海町成立後ではあるが、大字椋名のうち、馬島の地域は地理上の理由から境界変更し今治市に編入された。

津島(つしま)、椋名(むくな)

なお、現在、今治市になってからの地名表記は「吉海町」に旧の大字を続ける。大字は省く。

例 今治市吉海町椋名

産業編集

漁業
来島海峡に面し一本釣り漁が盛ん。

交通編集

鉄道は通っていない。  

名所編集

  • 来島海峡

関連項目編集