満守(まんしゅ)、または本覚院 満守(ほんかくいん まんしゅ)は、室町時代前期の人物。足利将軍家の一族。第3代将軍・足利義満の子とされるが、それを示す史料が『諸門院伝』しかなく、実否は不明である。比叡山延暦寺に入寺した。生没年や生母に関しては不明である[1]

 
満守 / 本覚院 満守
時代 室町時代前期
生誕 不明
死没 不明
氏族 足利氏足利将軍家
父母 父:足利義満、母:不明
兄弟 尊満宝幢若公義持義嗣義教大覚寺義昭満守ほか
テンプレートを表示

脚注編集

  1. ^ 臼井信義『足利義満』吉川弘文館〈人物叢書〉、1989年、新装、256頁。ISBN 4-642-05150-3