源 允明(みなもと の すけあきら、延喜19年(919年) - 天慶5年7月5日942年8月19日))は、平安時代中期の貴族醍醐天皇皇子(醍醐第四源氏)。官位従四位上播磨権守

経歴編集

醍醐朝延喜20年(920年醍醐天皇の他の諸皇子女とともに源朝臣姓を与えられて臣籍降下する。

朱雀朝延長4年(934年元服し、翌延長5年(935年无位から従四位上直叙される。のち播磨権守を務めるが、天慶5年(942年)7月5日卒去享年24。最終官位は播磨権守従四位上。

官歴編集

系譜編集

『本朝皇胤紹運録』による。

脚注編集

  1. ^ 『一代要紀』

参考文献編集