メインメニューを開く

源 満末(みなもと の みつすえ)は、平安時代後期の武将嵯峨源氏流、源是茂の子孫。源末行の子。官位従五位下

 
源満末
時代 平安時代後期
生誕 不明
死没 不明
官位 従五位下
氏族 嵯峨源氏
父母 父:源末行
貞宗

略歴編集

嵯峨源氏も満末の代になると都では栄達の途はない中下級官人となるしかなく、従五位下に叙爵された後、仁安3年(1168年)に肥前国の皇室直轄荘園の神埼荘(鳥羽院領神埼荘)に荘官(荘園管理官)として下向。神埼の豪族である松浦党山代氏の力を背景に武士として土着した。

神埼は日宋貿易に着目していた平忠盛以来、平家が知行しており、満末が下向した頃は平清盛の全盛期であったこともあり満末は山代氏や他の松浦党と同じく平家の傘下に置かれる。

子・貞宗には壱岐国の賊徒追討の記録があり、孫(あるいは子。貞宗の弟)の源久直(蒲池久直)が源平合戦(治承・寿永の乱)の功により鎌倉幕府の鎮西御家人として筑後国三潴郡蒲池地頭となり蒲池氏を称する。