源是茂
時代 平安時代前期 - 中期
生誕 仁和2年(886年)
死没 天慶4年6月10日(941年7月11日
官位 従三位権中納言
主君 醍醐天皇朱雀天皇
氏族 嵯峨源氏融流光孝源氏
父母 父:源昇、母:藤原門宗
養父:光孝天皇
兄弟 是茂衆望藤原時平室、宇多天皇更衣貞子醍醐天皇更衣
師世師之
テンプレートを表示

源 是茂(みなもと のこれしげ、仁和2年(886年) - 天慶4年6月10日941年7月11日))は、平安時代前期の貴族嵯峨源氏大納言源昇の子。光孝天皇の養子(第十三皇子)。官位従三位権中納言

経歴編集

大納言源昇の子であったが、光孝天皇の養子になり第十三皇子となる。

醍醐朝延喜7年(907年)二世王並の蔭位により従四位下に直叙される。延喜10年(910年美濃守を経て、延喜12年(912年侍従に任ぜられる。侍従を務める傍らで、信濃権守越前権守讃岐権守などの地方官や右京大夫を兼帯し、延喜22年(922年)に正四位下に叙せられている。

延長5年(927年左兵衛督に遷ると、醍醐朝末にかけて伊勢権守紀伊権守を兼ねた。

朱雀朝承平4年(935年参議に任ぜられ公卿に列すと、議政官の傍らで左兵衛督・勘解由長官左大弁を兼帯する。天慶2年(939年)大弁の功労により従三位権中納言に叙任された。

天慶4年(941年)6月10日薨去享年56。最終官位は中納言従三位。

官歴編集

公卿補任』による。

系譜編集

二字名編集

嵯峨源氏は一字名が有名だが、源是茂と弟の源衆望は、二字名の嵯峨源氏である。その由来は、是茂の実父は源融の子、源昇であるが、光孝天皇の養子となったためである。衆望も光孝天皇の子、源是恒の養子となったために嵯峨源氏特有の一字名ではない。

子孫編集

嵯峨源氏も代が重なると都での栄達の途はなく、是茂の孫の源貞清の孫の源満末は鳥羽院領神埼荘の荘官として肥前国神埼に下り、土着して武士となる。
源満末の孫(あるいは子)の源久直(蒲池久直)は筑後国の嵯峨源氏蒲池氏(前蒲池)の初代である。

脚注編集

  1. ^ 或いは左京大夫

参考文献編集

軍職
先代:
藤原兼茂
左兵衛督
927 - 936
次代:
藤原伊衡