メインメニューを開く

源相規

平安時代中期の貴族・漢詩人

源 相規(みなもと の すけのり)は、平安時代中期の貴族漢詩人光孝源氏参議源清平の子。官位従五位上摂津守

 
源相規
時代 平安時代中期
生誕 不明
死没 不明
官位 従五位上摂津守[1]
主君 村上天皇冷泉天皇円融天皇
氏族 光孝源氏
父母 父:源清平
兄弟 師保、是輔、共貞、相規
文雅
テンプレートを表示

目次

経歴編集

菅家の門人の私塾として左京大夫菅原清公が設立した菅家廊下の出身。始め天暦から天徳947年-961年)の頃民部大丞に任ぜられる[2]。その後従五位下叙爵し、貞元2年(977年)以前に摂津守を務めた。

漢詩人として活躍し、『本朝文粋』・『和漢朗詠集』・『類聚句題抄』などに作が見える。

系譜編集

  • 父:源清平
  • 母:不詳
  • 妻:不詳
    • 男子:源文雅

脚注編集

  1. ^ 尊卑分脈』光孝源氏
  2. ^ 題跋備考

参考文献編集