メインメニューを開く

源頼房

源 頼房(みなもと の よりふさ)は、平安時代中期の武将大和守源頼親の次男。官位従五位下加賀守荒加賀と呼ばれた。

 
源頼房
時代 平安時代中期
生誕 不明
死没 不明
別名 荒加賀
官位 従五位下蔵人兵庫助加賀守肥前守
氏族 大和源氏
父母 父:源頼親
兄弟 頼成[1]頼房頼遠頼基、頼怡
藤原嬉子女房
頼俊、親宗、為房、清仁親王妃

目次

略歴編集

加賀守任期後の永承4年(1049年)12月、長らく対立関係にあった興福寺の大衆が国司である父・頼親の邸宅に攻め寄せ、頼房がこれに矢で応戦して多数の僧を殺害したことから、激昂した興福寺の訴えにより翌年(1050年)正月、頼親は土佐国に、頼房は隠岐国に配流されることとなった(『扶桑略記』)。

康平5年(1063年)12月、赦免されて、本位に復する。しかし承保3年(1076年)、再び興福寺の訴えにより肥前国へ配流となり、同地において間もなく没したという。

系譜編集

脚注編集

  1. ^ 奈良県史所収『越智氏略系図』と戦国大名系譜人名事典所収『越智氏系図』)によると父と記されている。
  2. ^ 早稲田大学本『後拾遺和歌集』の勘物によれば藤原嬉子(後冷泉天皇生母)に仕える女房であったという。

関連項目編集