メインメニューを開く

滋賀石(しがせき、 Shigaite)は、1985年に発表された新鉱物で、ミシガン大学鉱物学者 Donald R. Peacor などにより、滋賀県の五百井(いおい)鉱山から発見された[1]化学組成はMn6Al3(OH)18[Na(H2O)6][SO4]2・6H2Oで、三方晶系。発見地の県名から命名された。

脚注編集

  1. ^ Peacor, D. R. et al. (1985): Shigaite, a new manganese aluminum sulfate mineral from the Ioi mine, Shiga, Japan. Neues Jahrb. Mineral., Mh., 453-457.

関連項目編集

外部リンク編集