メインメニューを開く

漏谷穴(ろうこくけつ)は、足の太陰脾経に所属する7番目の経穴である。

目次

部位編集

内果の上6寸、脛骨内側縁の骨際に取穴する

名前の由来編集

漏は滲み出る、谷は山にはさまれた陥凹部のことで三陰交穴の上3寸にあって、脛骨腓骨に挟まれていることから名づけられた。

効能編集

腹脹、腸鳴、睾丸肥大、腿膝厥冷、麻痺、足踝腫痛、小便不利に使われる。 

その他編集

禁灸穴である。

参考文献編集

関連項目編集

外部リンク編集