潜水(せんすい)とは、の中に完全に体を沈めることである。現在では、水中で行う活動、もしくはその手段を指すことが多い。

潜水の方法編集

  1. スキンダイビングフリーダイビング
  2. スクーバダイビングテクニカルダイビング洞窟潜水
  3. 送気式潜水フーカー潜水ヘルメット潜水
  4. 大気圧潜水 : 人が大気圧で潜水すること。大気圧潜水器と呼ばれる装置で潜水する。大気圧潜水器は水圧から人体を保護するため金属で出来ており、この装置が大きくなれば潜水艦で、より小型のものは潜水艇、個人用では大気圧潜水服である。減圧症や圧外傷、空気塞栓症等の潜水に伴う疾患がなく安全だが、他の潜水方法に比べ、身体の行動が著しく低下する。
  5. 飽和潜水 : 高圧環境への曝露下での大深度潜水を実現するための技術。

テクニック編集

道具

映画編集

潜水シーンが出てくる映画。

備考編集

  • 日本における記述上の生身での潜水記録としては、『日本書紀允恭天皇(5世紀代)の治世に、天皇の命で海底の真珠を取るため、阿波国長邑出身の海人・男狭磯(おさし、長国造族)という人物が60(100メートル以上)の縄を付けて潜水し、真珠を取って浮上するも、そのまま息絶えたと記述される。

関連項目編集

外部リンク編集