澤瀉十種(おもだかじっしゅ)は、昭和50年(1975年)に三代目市川猿之助(二代目市川猿翁)が撰した澤瀉屋市川猿之助家お家芸

祖父の二代目市川猿之助(初代市川猿翁)が創作して初演した舞踊に、三代目が演出した舞踊を加えたものである。これに先立つ「猿翁十種」とは異なり、こちらは祖父・孫の二代にわたる猿之助の創作舞踊なので、屋号の澤瀉屋をこの名称に冠した。

  • 連獅子(れんじし)
  • 三人片輪(さんにん かたわ)
  • 檜垣(ひがき)
  • 猪八戒 (ちょはっかい)
  • 浮世風呂(うきよぶろ)
  • 釣狐(つりぎつね)
  • すみだ川(すみだがわ)
  • 武悪(ぶあく)
  • 二人知盛(ににん とももり)
  • 夕顔棚(ゆうがおだな)

関連項目編集