メインメニューを開く

瀧川武司(たきがわたけし)は、日本の男性ライトノベル作家。代表作は『EME』シリーズ。イセカタワキカツとは同一人物。映画好き。

式神宅配便の二宮少年』で第11回ファンタジア長編小説大賞特別賞を受賞しデビューした。だが諸事情により、イセカタワキカツという別名義で数年後に発売された。瀧川武司名義でのデビュー作は『どかどかどかん』。

EME』は、『月刊ドラゴンマガジン』の第4回龍皇杯で、『伝説の勇者の伝説』(鏡貴也)と同優勝を果たし、連載を獲得した。『イガジョ!』の連載に伴い『EME』シリーズは完全に休止状態になった。08'年に刊行された短編集『EME RED END―W‐JACK』が最終巻となる。

作品リスト編集

富士見ファンタジア文庫

  • 『どかどかどかん』(挿絵・竹浪秀行、全3巻)巻数表示はひらがな
  • 『EME』(挿絵・尾崎弘宜、既刊14冊)3シリーズ平行
    • EME RED 9冊
    • EME BLUE 2冊
    • EME BLACK 3冊
  • 『イガジョ!』(挿絵・にの子、全1巻)EME休止後の雑誌連載作

富士見ミステリー文庫

  • 『式神宅配便の二宮少年』(※名義はイセカタワキカツ、挿絵・マツダ、全1巻)

関連項目編集