炎興(えんこう)は、三国時代の君主劉禅の治世で使用された元号

蜀最後の元号である。263年8月 - 11月。

概要編集

蜀の最後の元号であり、また西晋の始祖である武帝の名が炎であったことから、蜀の滅亡と晋の勃興を暗示する元号であったとも称された。


西暦・干支との対照表編集

炎興 元年
西暦 263年
干支 癸未

他元号との対照表編集

炎興 元年
景元4
永安6

参考文献編集

  • 三国志』(中華書局 1974年)
  • 『中国歴代年号考』李崇智(中華書局 2004年)

関連項目編集

前の元号:
景耀
中国の元号
次の元号:
―(滅亡)