炭素イオン線(たんそイオンせん、英語:carbon ion beam[1])は重粒子線の一種で、炭素原子を加速器で高速に加速したものである。

放射線医学総合研究所と兵庫県立粒子線医療センターは炭素イオン線と陽子線を用いてがん治療をしている。放射線医学総合研究所の重粒子線医科学センター病院ではHIMACを使っている[2]

用途編集

炭素イオン線はDNAに致命的な損傷を与え細胞分裂を抑えるため、がん治療に用いられている。エックス線を当ててもDNAの障害が一部回復してしまうのに対し、炭素イオン線はDNAに致命的なダメージを与えるため回復しにくい。

また、細胞が増えるとき、DNA合成期になると、エックス線が効きにくいのに対し、炭素イオン線は効果が高い。

さらに、ブドウ糖を多く摂取し酸素不足になったがん細胞にはエックス線やガンマ線が効きにくいのに対して、炭素イオン線は直接作用が大きいため、二倍の効果を発揮できる。そして、正常組織に対する影響が少ないというのも特徴である。

しかし、すべてのがんがとりつくせるわけではない。また、高額な治療費がかかると言われている。

関連項目編集

参考文献 編集

  • 東嶋 和子著 『放射線利用の基礎知識』  ブルーバックス  平成18年12月20日第1版第1刷発行

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 群馬大学重粒子線医学研究センター. “用語集”. 群馬大学. 2010年6月21日閲覧。
  2. ^ 重粒子(炭素イオン)線治療の対象部位とその適応について”. 放射線医学総合研究所. 2010年6月21日閲覧。