炭酸ジフェニル(たんさんジフェニル、: Diphenyl carbonate)は、化学式C13H10O3で表される炭酸エステルの一種。

炭酸ジフェニル
Diphenyl carbonate
{{{画像alt1}}}
識別情報
CAS登録番号 102-09-0
ChemSpider 7315 チェック
UNII YWV401IDYN チェック
KEGG C14507 チェック
特性
化学式 C13H10O3
モル質量 214.216 g/mol
外観 白色の結晶ないし粉末[1]
密度 1.1215 g/cm3(87℃)
融点

82℃[1]

沸点

302℃[1]

への溶解度 難溶(58.2mg/l 25℃)[1]
溶解度 エタノールジエチルエーテル四塩化炭素酢酸に可溶[2]
危険性
引火点 168℃[3]
発火点 620℃[3]
半数致死量 LD50 1500mg/kg(ラット、経口)
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

製法編集

水酸化ナトリウムを用いてホスゲンフェノールを反応させる方法、金属フェノキシドの水溶液にホスゲンを反応させる方法、炭酸ジアルキルとフェノールを反応させるエステル交換法がある。近年ではクロロギ酸フェニル等の不純物・副生成物の発生の軽減や、コンパクトディスク等の原料として、着色されていないことが要求されるなどの理由から、ピリジン系化合物を触媒とする方法[4]や、炭酸ジフェニル高温下で塩基性物質と接触させ蒸留精製する方法[5]が採られる。

用途編集

ビスフェノールAとのエステル交換反応により、芳香族ポリカーボネートの製造原料として用いられる。

性質編集

常温では白色の結晶ないし粉末で、比較的安定している。多くの有機溶剤に溶けるが、水にはほとんど溶けない。ラットに経口投与した実験での半数致死量(LD50)は1500mg/kgであった[1]

脚注編集

  1. ^ a b c d e 製品安全データシート(東京化成工業)
  2. ^ Lide, David R. (1998), Handbook of Chemistry and Physics (87 ed.), Boca Raton, FL: CRC Press, pp. 3–238, ISBN 0849305942 
  3. ^ a b 製品安全データシート(メルク)
  4. ^ 三菱化学 特開平10-77250(j-platpat)
  5. ^ 三菱瓦斯化学 特開平8-198816(j-platpat)