メインメニューを開く

無彊(むきょう)は、中国戦国時代の君主。

無彊
王(周制における爵位は子)
王朝
在位期間 前354年 - 前306年?
都城
生年 不詳
没年 不詳

越王無顓の弟とされる[1]紀元前354年、無顓が死去すると、無彊は越王として即位した[2]。北方のや西方のと争い、楚軍の侵攻を招いた。紀元前333年[3]、楚の威王が大軍を動員して越を攻撃し、無彊は敗北し逃亡した。無彊の逃亡後の越では、江南の海浜で諸族の子らが争って立ち、ある者は王となり、ある者は君となり、楚に服属した[4]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 史記索隠』越王句践世家
  2. ^ 『史記索隠』越王句践世家所引『竹書紀年
  3. ^ 史記集解』越王句践世家所引徐広顕王46年という
  4. ^ 史記』越王句践世家

参考文献編集

  • 史記』越王句践世家