無菌病室(むきんびょうしつ)とは、血液疾患などの治療に用いる病室である。

概要編集

徹底した空気清浄を行い陽圧化(又は無菌室内に感染病患者が存在する場合には内部の汚染空気を封入する事を目的とした陰圧の無菌室)したクリーンルームである。清浄度は国際標準化機構等を代表する規格により規格化されている[1]

出入りする病院関係者も、徹底した殺菌工程を経て内部に出入りすることとなる。

長期間の入院に備えて浴室、トイレ、洗面台などのほか、面会用のテレビ電話装置を備えた病室や無菌室をプレハブユニット化した物や、簡易ビニールカーテンによってゾーンを隔離したユニットも存在する。

用途編集

脚注編集

  1. ^ 参考規格:ISO,GMP,JIS-B-9920:2002,EU等

関連項目編集