メインメニューを開く

国際空港(こくさいくうこう、: international airport)は、国際航空路線に対する設備が整っている空港で、通常の空港設備以外にCIQ税関出入国管理検疫)に関する設備が必要となる。

目次

概要編集

歴史編集

設計と施工編集

運営管理編集

国際標準編集

税関、出入国管理、検疫編集

セキュリティ編集

名称編集

○○国際空港と言う名称編集

国際航空路線が就航している(CIQ設備がある)空港すべてが「○○国際空港」という名称であるわけではない。

例えば、ロンドン・ヒースロー空港の正式名称は、London Heathrow Airportであり、空港名に国際(International)の文字は含まれていない。

日本ではもともと「○○国際空港」と称する空港は空港整備法(空港法の旧称)において定義する「第一種空港」に指定されていた。しかし、1980年代頃から第一種空港以外の空港での国際航空路線の就航が相次いだ。そのため、国際航空路線が就航している空港のすべてに国際空港の名称が使用されているわけではない状況となっている。

日本における「○○国際空港」編集

日本では、「○○国際空港」と称する空港は、かつて、空港整備法において「第一種空港」に指定されていた。これらには東京国際空港(羽田空港)・成田国際空港(成田空港)・大阪国際空港(伊丹空港)・関西国際空港(関西空港)・中部国際空港(セントレア)があった。これらは、正式名称(法令上の名称)の中に「国際空港」の名が入っている。

このうち羽田空港と伊丹空港はかつては国際線が多く就航していたが、国内線および国際線の需要の逼迫により、羽田空港発着便は成田空港開港時に大半の路線が成田空港に移管した。ただし2010年に行われた羽田空港の国際線ターミナル開業により、羽田発着の国際線が増加している。また、伊丹発着便は関西空港開港により1994年9月3日に国際線の運航は終了、翌4日からは全ての国際線が関西空港に移管され、税関検疫などの施設も移転された。

現在の空港法(2008年6月18日空港整備法から改称)では、第4条で「国際航空輸送網又は国内航空輸送網の拠点となる空港」として、成田国際空港・東京国際空港・中部国際空港・関西国際空港・大阪国際空港の5つが指定されている(大阪国際空港は空港法改正時点では外されていたが、関西国際空港との一元管理化により追加された[いつ?])。

最近では、仙台空港(仙台国際空港)や佐賀空港(九州佐賀国際空港)のように、愛称名に「国際空港」が入るケースがあり、前者は運営会社の名前にも入っている。

国際線定期路線が就航する日本の空港編集

2018年現在、日本の空港ではほぼ大半の空港に国際線定期路線が就航、すなわちCIQ税関出入国管理検疫)に関する設備を備えている。前述の5つの国際空港(現状は運用により4空港)以外の空港における国際線定期路線は、ほとんどが東アジア地域との便であり、その中でもソウル仁川国際空港)との便が突出して多い。東アジア地域以外ではグアム、ホノルルが多く、これら以外の地域への定期便は(前述の5つの国際空港以外の空港では)わずかである。

関連項目編集