メインメニューを開く

焼尻めん羊まつり(やぎしりめんようまつり)は、北海道羽幌町焼尻島で行われるめん羊サフォーク種)などを焼肉にするイベント。例年8月の第一土曜日日曜日に開催。

概要編集

焼尻島で1983年から開催され続けている、ヒツジを焼肉にするイベント。2014年からは島内で飼育されるサフォーク種の提供を目玉としている。生のサフォーク種のラム肉は入手が難しいこともあり、肉を目当てに多くの人が来島する機会となっている。もっとも、島内で飼育するサフォークの総数は200頭前後と数は少なく、イベントに提供できる頭数は10頭前後にせざるを得ないため、来場者1人あたり1パック(200g程度)の購入制限が存在する。物足りない客には海産物の販売もある。炭火焼台は無料で提供されており、肉は焼台の網上で塩とコショウを掛けて焼く。北海道で一般的なジンギスカン鍋は用いられない[1][2]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 焼尻めん羊まつり(焼尻島)”. 観光情報見るナビ北海道. 2019年6月23日閲覧。
  2. ^ 焼尻島の「焼尻めん羊まつり」に行ってきた!”. 北海道Likers (2017年8月13日). 2019年6月23日閲覧。