メインメニューを開く
煙樹ヶ浜
煙樹ヶ浜から三尾方面

煙樹ヶ浜(えんじゅがはま)は、和歌山県日高郡美浜町にある海岸

目次

概要編集

周辺は煙樹海岸県立自然公園に指定されている。

太平洋に臨み日高川河口から約4kmにわたり弓なりに砂利の海岸が続く。背後には初代紀州藩徳川頼宣防潮林として植えさせたという松林がある。

日本の白砂青松100選に選ばれている。

利用編集

キャンプ場が整備されている。キャンプ場の開設期間は、ゴールデンウィーク期間および夏期である。釣り客も多い。一方、海は流れが速く、すぐに深くなっており遊泳禁止である。

シラスの地引網漁が行われており、名物となっている。

2012年より、和歌山駐屯地の第304水際障害中隊が中心となって、水際地雷(対上陸用舟艇機雷)の設置訓練が行われている。これまでは、夏場のみ、北海道に行かなければ訓練ができなかったため、煙樹ヶ浜での訓練が可能になったことは、練度の向上が期待できる[1]

交通編集

周辺情報編集

  • 御崎神社

脚注編集

外部リンク編集