片山 宏行(かたやま ひろゆき、1955年5月11日[1] - )は、日本国文学者青山学院大学教授。菊池寛研究の第一人者である。

略歴編集

北海道生まれ。青山学院大学文学部卒業、1982年同大学院博士課程中退、神戸山手女子短大講師、89年助教授1991年青山学院大学文学部助教授2000年教授[2]大正昭和の近代日本文学を専攻し、特に菊池寛を研究。2004年高松市で菊池寛の短編小説などのゲラ刷りが発見された際や、2007年倉敷市芥川龍之介の直筆原稿が発見された際にも、調査を担当している。また2017年、菊池寛の幻の原稿「妖妻記」(菊池寛記念館所蔵)の鑑定・作品の意義について明らかにした。

著書編集

  • 『菊池寛の航跡―初期文学精神の展開』和泉書院、1997年。
  • 『菊池寛のうしろ影』未知谷、2000年。
  • 『菊池寛随想』未知谷、2017年。


共著編・監修編集

  • 真珠夫人 注解・考説』菊池寛研究会編 監修 翰林書房 2003
  • 『コレクション・モダン都市文化 第7巻 円タク・地下鉄』編 ゆまに書房 2005
  • 『異郷の日本語』青山学院大学文学部日本文学科編 金石範,崔真碩,佐藤泉,李静和共著 社会評論社 2009
  • 『菊池寛現代通俗小説事典』山口政幸、若松伸哉、掛野剛史共編 八木書店、2016
  • 『倉敷市蔵 薄田泣菫宛書簡集 作家篇』八木書店、2014
  • 『倉敷市蔵 薄田泣菫宛書簡集 詩歌人篇』八木書店、2015
  • 『倉敷市蔵 薄田泣菫宛書簡集 文化人篇』八木書店、2016

受賞編集

  • 1998年 青山学院学術褒賞

所属学会編集

  • 日本近代文学会
  • 昭和文学会
  • 樋口一葉研究会

論文編集

脚注編集

  1. ^ 『著作権台帳』
  2. ^ 青山学院大学